アスペルジュソバージュ

アスペルジュソバージュピレネー山脈に春を告げる山菜・アスペルジュソバージュ。5月下旬-6月上旬の入荷

ピレネーに春を告げる山菜・アスペルジュソバージュ(Asperge Sauvage. 「アスパラソバージュ」とも)も、年に一度の楽しみをつくってくれる野菜です。

栽培もできるようですが、多くはフランスで山どりされ、日本までやってきます。まさに山菜。加熱するとすこし粘り気が出るところは、ちょっぴりワラビなどと似た雰囲もっています。

他の山菜と同じくアクが強めですが、だからこそ春の味覚となるのです。シーズンが短く、独特の香りと食感があるから、記憶に残るのでしょう。

お勧めの食べ方は、天ぷらです。日本の山菜も、天ぷらで食べるとアクが抜けて、おいしく食べられます。アスペルジュソバージュも同じ。ホタテなどとかき揚げにするのもいいでしょう。

「ピレネーの春の香りの天ぷら」ですから、日仏合作料理ですね。ほかに、茹でてサラダやカルパッチョ、パスタなど、いろいろな料理に応用できます。

食べているのは、学名でいうとOrnithogalum pyrenaicum L.(オルニソガラム・ピレネーカム)です。その名前にも「ピレネーの」という形容詞がついています。(F)


商品カテゴリ

  • スライドジッパーバッグ
  • GOOD TABLE(レシピ動画特集)
  • 紀ノ国屋限定アイテム エコバッグ&オリジナルバッグ
  • BOULANGERIE KINOKUNIYA 紀ノ国屋のパン