天抜き

ソバ屋のつまみの定番・出し巻き玉子。もうひとつ頼むなら、「天抜き」がぴったり

天抜きかき揚げの天抜き。寒いこの時期にぴったりの酒の肴

ここからうどんを抜くと、「肉吸」になります

前回、<「抜き」という言葉はソバ屋になじみ深いものですから、種ぬき→たぬきとなったのは納得できる話です>と書きました。じつは、東京のソバ屋には「抜き」という注文方法があるのです。

その代表例が「天抜き」です。これは、天ぷらソバからソバを抜いたもの。ダシの上に天ぷらが浮かんでいるだけという食べ物です。

「ソバ屋でそんな注文、あり得るの?」と思うでしょう。だからこそ、できた言葉だと言われています。店主に面と向かって「ソバはいらない」とは言いにくい。そこで、威勢よく「天抜き!」と注文するわけです。

この注文は、ソバ屋で一杯やる人、お酒を楽しむ人の注文です。天ぷらソバを頼んでチビチビやると、ソバがのびてしまう。欲しいのはソバではなく、酒の肴だ、ということから、天抜きが生まれました。

これに出し巻き玉子でもあれば、十分においしく、楽しい。そして最後に盛りソバをかっこんで「お勘定!」となるわけです。

「抜き」はもちろん天ぷらに限りません。論理的には「たぬき抜き」というのもあり得ますが、「酒の肴になるもの」という条件からいうと、ほかに人気があるのは「鴨抜き」(鴨南蛮のソバ抜き)あたりです。さらに、「カツ丼の台抜き」というと、ご飯のないカツ丼が出てきます。

大阪には東京の「天抜き」に類似のものとして、「肉吸」(にくすい)があるそうです。これは「肉うどんのうどん抜き」で、結果として「肉の吸い物」になることから、この表現になったとか。

千日前にあるうどん屋「千とせ」(ちとせ)が発祥ということですが、どの程度大阪方面のうどん屋に普及しているかは不明です(F)。


商品カテゴリ

  • 紀ノ国屋の母の日
  • 抹茶フェア
  • スライドジッパーバッグ
  • 紀ノ国屋限定アイテム エコバッグ&オリジナルバッグ
  • BOULANGERIE KINOKUNIYA 紀ノ国屋のパン