旬と歳時記旬と歳時記

旬と歳時記カレンダー
目次
京菜 歳時記 テーブルフラワー

[旬・京菜]

[歳時記]

[テーブルフラワー]





京菜 京菜_タイトル
古くは平安京の時代から、都の食文化を支え、都の食文化に育まれてきた京野菜。京都府では、昭和62年に明治以前から京都の地で栽培されている伝統野菜40品目を「京の伝統野菜」と指定しています。その中の代表格が「京菜」です。
地元では「水菜」と呼ばれるこの野菜は秋から冬にかけてが旬。今では一年中店頭に並んでいますが、もともと京都では冬の到来を知らせる野菜として親しまれてきました。これから寒さが厳しくなるにつれてやわらかく、味わいが増してどんどんおいしくなります。
「京菜(水菜)」は、サラダ、漬物、鍋物など、何にでも使えますが、京菜の魅力は何と言っても独特のしゃきしゃき感とみずみずしい風味。その食感と歯ごたえを楽しむなら、ハリハリ鍋がおすすめです。ハリハリ鍋は、本来鯨肉を使いますが、お揚げを使って手軽に楽しんでみてもおいしいもの。昆布、鰹だ しに淡口醤油で味つけし、お揚げと一緒にサッと火をとおしていただきます。豚肉を加えても美味。
木枯らし吹く日は、京都の食文化が育んだ京野菜を鍋料理の主役に。冬ならではの美味をご堪能ください。




紀ノ国屋が自信をもって選びました

京菜/壬生菜生産者 京都府伏見区 平岡正弘さん


京菜_平岡正弘さん

最近身近になった京野菜。紀ノ国屋には作り手の顔が見える京野菜があります。たとえば京都府・平岡正弘さんの京菜は、品種改良されることなく自家採取 の純粋な種だけを使い、昔の姿のままに伝承されたもの。実は京野菜は一般的に病害虫に弱く、収穫量も限られ、栽培には技術と手間が必要とされているの です。
平岡さんが手間暇を惜しまず大切に育てた京菜は、株が大きく、葉はみずみずしく鮮やかな緑色で茎は白くつややか。苦味が少なく、軸までおいしく楽しめ るのが特徴です。

壬生菜
同じく、平岡さんの京野菜の「壬生菜(みぶな)」(写真左)もおすすめです。壬生菜は、京菜から別れた品種で京都の壬生付近原産の野菜。千枚漬けにも 添えられている、京都ではおなじみの野菜です。
京都の気候、土壌、食生活などが育んだ品種を大切に、それらのもつ豊かな食味を途絶えさせてはいけないという平岡さんの熱い思いと愛情が伝わってくる ような、どちらも美しい姿と深い味わい。ぜひその違いと旬のおいしさをご賞味ください。


※詳しい入荷状況は、各店舗へお問い合わせください。



[TOP]


image




食と暦
今月の歳時記


12月22日 冬至

昔から、冬至といえばゆずと南瓜(カボチャ)。太陽の光が最も弱まるこの日、湯船にゆずを浮かべると体が芯から温まり風邪を防ぐと伝えられてきました。冬が旬のゆずは香りも強く、甘酸っぱく爽やかな芳香は心もほぐします。強い香りのもとには邪気がおこらないという考えや、「一陽来復」を念ずる禊ぎ (みそぎ)の名残だとも言われています。ゆず湯は、冬を元気に過ごし、春への再生の願いが込められてた先人の知恵だといえるでしょう。
また、南瓜(カボチャ)も冬至には欠かせません。本来南瓜の旬は夏ですが、貯蔵性が高く、追熟によって水分が抜けておいしくなります。冬至に南瓜を食べるのは、おいしく食べて栄養をとるための知恵だともいえるようです。



国産ゆず

国産ゆず
ゆずは、晩秋から冬へと冷え込むにつれて、緑色から黄色へと変化します。冬至には、鮮やかな黄色い柚子湯が欠かせませんが、鍋物、吸い物、蒸し物の薬味など冬のお料理にも大活躍。季節の芳香をお楽しみください。



南瓜

鹿児島県産他 南瓜
南瓜はビタミンE、カロテンをはじめ栄養が含まれています。特にビタミンEは血行促進効果が期待できるので、冷えから体を守る心強い食材だといえるでしょう。
皮にツヤがあって重みがあるものをお選びください。






クリスマス_タイトル
街中が最も華やいだ光にきらめいて。心躍る、一年で最も特別な日、クリスマス。
日本での呼び方「クリスマス」は英語の「Christmas」に由来しますが、ドイツでは「Weihnachten(ヴァイナッハテン)」、フランスで「Noёl(ノエル)」などと呼ばれ、それぞれの国の風習や文化があります。たとえば日本のクリスマスにはデコレーションケーキが欠かせませんが、フランスでは「ビュッシュドノエル」、ドイツでは「シュトーレン」、イギリスでは「クリスマスプディング」など各国で様々。最近日本でも人気のシュトーレンは、ドイツ・ドレスデン発祥のパンで、イエスキリスト誕生の時におくるみに包まれた様子を模しているのだそうです。今年はいろいろな国のクリスマスならではのお菓子を味わってみるのも楽しいかもしれません。


★KINOKUNIYA Christmas Collection★
シュトーレン

紀ノ国屋 シュトーレン各種

粉砂糖を真っ白にふったドイツ伝統のクリスマスのお菓子。洋酒漬けドライフルーツとナッツがたっぷり入っています。薄くスライスしてコーヒー、紅茶、ワイン、ブランデーとともに。日ごとに深まる味わいを楽しむのがドイツ流です。

※ご予約は、ご利用日の5日前まで。承り期間~12/15。
※数に限りがあります。お早めにどうぞ。


プレミアムクリスマスショートケーキ

クリスマスショートケーキ
5号(直径 約15cm) 4,320円(本体価格 4,000円)
4号(直径 約12cm) 3,240円(本体価格 3,000円)
※イメージ画像は5号です。
甘さと酸味のバランスのよい国産の苺。紀ノ国屋自慢のショートケーキは苺のおいしさが際立つシンプルでどこか懐かしい味わいです。

※ご予約承り期間:10/20~12/15
※お渡し期間:12/22~12/25 午前11時より


パーティトレイ 3~4人前

パーティトレイ
3~4人前 6,480円より(イメージ画像は5~6人前 10,800円)
フランス・リヨン仕込みの欧風惣菜に、イタリア定番の前菜まで。紀ノ国屋自慢の味を彩りよく盛り合わせました。ご予算や人数により内容は調整いたします。


ローストチキン (醤油・スパイス)

ローストチキン
Lサイズ 3,996円(本体価格 3,700円)より。
イメージはクリスマス限定スタッフィング入り 約5~6人前 4,860円(本体価格 4,500円)
パーティーの盛り上げ役は、皮まで香ばしく焼いたチキン。やわらかく豊かなコクのある岩手県産南部鶏を使用。定番の醤油やスパイスで仕上げたローストチキンはもちろん、 クリスマスの時期限定のスタッフィング入りもおすすめです。(スタッフィング入りは、佐賀県ふもと赤鶏。)
※画像は盛り付けイメージです。
※数に限りがあります。お早めにどうぞ。


※クリスマスケーキやチキンなどは店頭にてご予約承っております。 ケーキ 12/15まで、スタッフィング入りチキンは 12/9まで、その他オードブル・Lサイズチキンは お受け取りの5日前まで。


大晦日_タイトル
1年の最後の日、大晦日(おおみそか)。
様々な年越しの行事が行われますが、大晦日の食といえば年越しそば。年越しそばの風習が広まったのは江戸時代中頃と言われ、その由来については諸説あります。「お蕎麦のように細く長く元気に暮らせることを願って」と縁起をかついだという説が一般的ですが、他にも「ソバは風雨などで倒れても日に当たるとすぐに立ち直る植物ということから、それにあやかった」という説もあるそうです。
いずれにせよ大晦日の縁起物は、今年も無事に過ごせたことを感謝しながら一年の締めくくりとして味わいたいもの。来年も、豊かな一年でありますように。新しい一年は、もうすぐこそまできていま。





line_beige

今月の花 ヒヤシンス

師走。
1年の最後をしめくくる月。そして、新年の準備と慌ただしくも気の抜けない月です。
今月は北欧でクリスマスの花としてポピュラーな花をご紹介します。



おすすめの花

ヒヤシンス


ヒヤシンス ピンク



キジカクシ科ヒヤシンス属。地中海東部沿岸が原産。
クリスマスの花として思い浮かべるのは、赤いポインセチアやアマリリスなどではないでしょうか。
今月ご紹介するのは、北欧でクリスマスの花として欠かせないヒヤシンスです。
寒い北欧では、球根花やハーブを室内で育てるのは普通なんだとか。
日本でもヒヤシンスは、切花として出回ることも多くなり、手軽に飾れます。
何と言っても上品な香りが一番の魅力です。
クリスマスの時期、部屋中を甘い香りで楽しみませんか?



1本  480円  (本体価格 445円)


ヒヤシンス(ピンク色)の花言葉

「しとやかなかわいらしさ、ゲーム」



D・Style

ここでご紹介した花材は、
紀ノ国屋インターナショナル1F
『D・Style』にてお買い求めいただけます。


『D・Style aoyama Flower Shop』

D・Style



[TOP]

line_beige

※盛りつけ写真はイメージです。
※店舗により一部、商品の取り扱いが異なる場合もございます。
※新宿高島屋店では酒類の取り扱いをいたしておりません。
※新宿高島屋店では消費税計算法の違いにより、一部
 価格が異なる場合があります。
※万一品切の際はご容赦ください。




商品カテゴリ

  • ミニー・プーバッグ
  • スライドジッパーバッグ
  • GOOD TABLE(レシピ動画特集)
  • 紀ノ国屋限定アイテム エコバッグ&オリジナルバッグ
  • BOULANGERIE KINOKUNIYA 紀ノ国屋のパン