旬と歳時記旬と歳時記

6月の歳時記

目次
歳時記 歳時記 歳時記
 [さくらんぼ]  [歳時記]  [テーブルフラワー]



さくらんぼ もうひとつの旬 さくらんぼ
宝石のような果実は元気な樹を育てることから


名前の由来は「桜ん坊(さくらんぼう)」の「う」が取れ、さくらんぼと呼ばれるようになったとされています。 さくらんぼの中でも佐藤錦は人気ナンバーワン。生みの親である佐藤栄助の名前と、「砂糖のように甘い」という意味を込めて、佐藤錦と名づけられました。 さくらんぼの産地として有名な山形では、6月中旬頃から7月初旬に佐藤錦の収穫時期を迎えます。 口いっぱいに広がる甘みとみずみずしさを、ぜひお楽しみください。



紀ノ国屋が自信をもって選びました

契約農園から粒選り産地直送

澄んだ空気、豊かな土壌の山形県中部の契約農園より、粒選りのさくらんぼが紀ノ国屋に入荷。そのツヤ も、鮮やかな色も甘みも群を抜く「佐藤錦」。目にも鮮やかな初夏の風味をお楽しみください。

丹精こめて育てています
さくらんぼづくりには、一年を通した土作りと手入れが欠かせません。完熟させたたい肥を使い、枝落と し、葉摘みなど長年培った伝統の栽培技術を駆使し、たくさんの手間をかけて育てられます。ひと粒ひと 粒品質をチェック、選別され、丁寧に箱詰めされ、紀ノ国屋に届けられています。

村山市・後藤農園

東根市・大江農園

200806_02_photo01.jpg 200806_02_photo02.jpg

※入荷状況など詳しくは、各店舗にお問い合わせください。




【Summer Gifts 2018】

明治43年(1910年)に東京・青山の地で開いた小さな果物専門店こそが、紀ノ国屋のルーツ。
創業以来ずっと、信頼のおける生産者と共に、お客様にご満足いただけるクオリティの高い品をご提供してまいりました。
時代が移り変わり、長い歳月を重ねてもなおその根本が変わることはありません。
”人を通して味を識る”。これが紀ノ国屋のモットーです。嘘の無い誠実な美味を求めて、私たちはこれからも新しい挑戦を続けていきます。

店頭承り:6/8から7/25まで
インターネット承り:6/1から7/25まで
※一部承り期間がことなる商品がございます。ご了承ください。



【ギフト】 山形県産さくらんぼ(佐藤錦)
※天候等により秋田県産佐藤錦・紅秀峰になる場合がございます。
※承りは6月30日までとなります。
 各店、e-shopにて承ります。
 
500g 化粧箱入 本体価格 8,500円(税込9,180円)
1kg  化粧箱入 本体価格 14,000円(税込15,120円)
山形県産さくらんぼ佐藤錦


・天候等により承り期間が変更となる場合があります。


食と暦


入梅

6月11日
その語源は、「梅の実が熟すころ雨季に入ること」に由来するといわれる、入梅(にゅうばい)。黄経が 80度になる日、雑節では梅雨入りにあたります。この頃はカビの繁殖率が上がるため、昔から毒消しとし て梅を食べる習慣がありました。ほかにも、梅には疲労回復、整腸作用、新陳代謝を促す働きがあると言 われています。


紀ノ国屋・梅干し

紀ノ国屋・梅干し


父の日

6月17日
母の日にはカーネーション、父の日にはバラを。そう提唱したアメリカでは1972年に国民の祝日として制 定、日本では1950年代ごろから知られるようになり、一般的な行事となったのは1980年代。 母の日のカーネーションのように、日本では幸せを呼ぶ象徴である黄色を父の日のシンボルカラーとして 推奨していますが、花や色よりも、父を思い感謝の気持ちを伝えることが何よりの贈りものに違いありま せん。


父の日ギフト
紀ノ国屋ローストビーフ(モモ) 100gあたり1,728円
国産黒毛和牛のモモ肉を低温でじっくりとローストしました。ジューシーでやわらかな仕上がりです。。
(e‐shopでの販売はございません)
*6月15日まで、デリカテッセンコーナーにて販売いたします。(取扱い店舗は、青山店、鎌倉店、吉祥寺店、等々力店のみになります。)


夏至

6月21日
夏至とは「日長きこと至る(きわまる)」という意味で、一年でもっとも昼が長い日を指します。 北半球の太陽黄経が90度になるときであるため、日本でも夏至の一週間前ごろがもっとも日の出が早く、 夏至の一週間後ごろがもっとも日の出が遅くなります。 この時期に漬ける、新ショウガ。植つけに使ったヒネショウガの上から新たにできた根の部分を新ショウ ガとよび、ショウガよりも柔らかく、辛味が少なく、色は白くてしっとりしています。 昔から、ショウガには梅のような殺菌効果があるとされており、寿司にガリ(甘酢漬け)が添えられるよ うになりました。新ショウガで甘酢漬けを作ると、きれいなピンク色になり、香り豊かな味わいを楽しめ ます。



新生姜を味わう 「生姜の甘酢漬け」

【材料】
・新生姜 100g
・塩 少々
・甘酢
 酢 カップ1/2
 砂糖 大さじ1
 水 カップ1/2

【つくり方】
 1) 新生姜を薄切りにし熱湯にサッとくぐらせます。
 2) ザルにあげてしっかり水を切り、塩をふります。
 3) ビンに甘酢を入れて、1時間以上漬けます。

新生姜の甘酢漬け


line_beige

今月の花 ヒマワリ

入梅をむかえる6月。
雨に洗われた緑を楽しめるのもこの季節ならではですね。
ヒマワリは、インカがスペインに滅ぼされた16世紀にヨーロッパに伝わり、栽培が始まりました。
欧米ではサンフラワー(太陽の花)と言われ、どの国でも太陽にちなんだ呼び方がされています。
親しみのあるヒマワリは夏の花という印象ですが、夏を先取り、飾って楽しみましょう。



おすすめの花「ヒマワリ」

ヒマワリ



よく知られているヒマワリですが、切花では小ぶりなヒマワリがおすすめです。
ヒマワリはシンプルかつ存在感がありますので1本でも数本でも楽しめます。おすすめの小ぶりなヒマワリは季節のお花と合わせても意外とまとまりやすく飾りやすいお花です。

ひまわりの花は、それ自体がひとつの花ではなく、小さな花が集まってできています。外側の舌のような花(舌状花(ぜつじょうか))は虫を引きつける飾りとなっています。
父の日のお花の代表としても黄色の鮮やかなヒマワリは使用されることが多く、何気なく飾って感謝を伝えてみるのもいいかもしれません。



1本 280円 (税抜本体価格 260円)



花言葉

「素敵、輝き、敬愛、あなたを見つめています」



D・Style

ここでご紹介した花材は、
紀ノ国屋インターナショナル1F
『D・Style』にてお買い求めいただけます。

『D・Style aoyama Flower Shop』

D・Style



[TOP]

line_beige

※盛りつけ写真はイメージです。
※店舗により一部、商品の取り扱いが異なる場合もございます。
※新宿高島屋店では酒類の取り扱いをいたしておりません。
※新宿高島屋店では消費税計算法の違いにより、価格が異なる場合があります。
※万一品切の際はご容赦ください。



紀ノ国屋を楽しむ

旬のレシピ
テーブルを彩る パン料理レシピ
マリアージュ
食べる百科事典

紀ノ国屋の店舗から

フェアイベント情報
サンクスウィークサンクスウィーク
6/20〜6/26
初夏の味覚初夏の味覚
5/7〜6/26