旬と歳時記旬と歳時記

calendar_201505
目次
メロン ホワイトアスパラガス 歳時記 テーブルフラワー

[旬・メロン]

[旬・ホワイトアスパラ]

[歳時記]

[テーブルフラワー]





メロン メロン
栽培技術が進み、今では年間を通じて食すことのできるメロン。若葉の緑がまぶしくなるこれからの季節に旬を迎えます。
日本での歴史は古く、ウリ類のマクワウリが縄文時代晩期から栽培されていたといわれます。 以降、明治後期にはヨーロッパから導入された温室メロンが普及しました。
高級果実として一部の上流階層にしか口にできなかったメロンですが、広く一般に親しまれるきっかけとなったのが昭和37年に皇太子様ご成婚にちなんで発売された「プリンスメロン」。以後つぎつぎと新しい品種が生み出され、栽培法も色々と工夫を重ねて、現在では日本のメロンは名実ともに世界一の品質を誇るフルーツになりました。
おししいメロンの見分け方ですが、網目メロンは果皮を網目の線が細かく均一に覆ったものがおすすめ。手間暇かけて育てられた証です。 また、網目のないメロンは果皮がなめらかで均整のとれた形をし、変色や斑点、濃い筋などがないものをお選びください。




201405_02.jpg

【マスクメロン】 *静岡県産
*香りと味わいを極めた”果物の芸術品”と呼ぶにふさわしい紀ノ国屋のマスクメロン。品質を高めるため、1本の木に1個の果実だけを残し、気温・湿度などきめ細かく管理された温室で大切に育てられます。

200905_02.jpg

【アンデスメロン】 *熊本産他
*メロンは虫がつきやすく、実が付いたとしても無事に大きくなるのは、ほんのわずか。そのため非常に高価な果物になっていました。そこで、もっと簡単に栽培できるものをということで開発されたのがこのアンデスメロン。緑でやや硬めの果肉。マスクメロンにも似た味と香りはみなさまに喜ばれる初夏のメロンの代表です。

200905_04.jpg

【クインシーメロン】 *熊本産他
*近年の品種改良によりカロチン臭が少なく、日持ちのする品種が育成されてきました。 厚く緻密な果肉色はサーモンピンクで美しく華やか。 なめらかな口当たりとコクのある甘さが特徴です。

200905_06.jpg

【タカミメロン】 *熊本産他
*網目が細かくネットの盛り上がりが薄いのが特徴。果肉は緑色で糖度が高くさわやかな甘味があります。

200905_03.jpg

【ホームランメロン】 *熊本産他
*ハネデューメロンと緑の果肉種を掛け合わせた乳白色の果皮が美しい、比較的新しい品種。 白くクリームのようになめらかな味わいの果肉は、上品で口当たりのよい甘さが特徴です。

200905_05.jpg

【プリンスメロン】 *熊本産他
*プリンスメロンは西洋メロンと日本古来種のマクワウリをかけ合わせて生まれたもの。 昭和37年の皇太子様ご成婚にちなんで命名されたそうです。 甘みが強く、芳香がありとろけるような果肉、小ぶりな大きさからもお求めやすいメロンです。

200905_06.jpg

【キンショウメロン】 *熊本産他
*目にも鮮やかな果皮が特徴の小ぶりなメロン。マクワウリの黄色種とスペインメロンとの交雑種。 白い果肉はやや硬めですが歯ざわりがよく、控え目な甘み好まれています。




[TOP]


image




ホワイトアスパラガス ホワイトアスパラガス
 春を感じる食べ物といえば?
 日本ではタケノコを思い浮かべる人が多いように、ヨーロッパではホワイトアスパラガスが有名です。ホワイトアスパラガスの起源として残されている説によると、まさにその発見は偶然による産物。
その昔、イタリアのある村では、ヒョウによる被害で農作物がまったく取れない年がありました。飢えに苦しんだ人々は、まだ土の中になにか残っていないか探してみたところ、 偶然ホワイトアスパラガスを見つけました。食べてみると、甘みを含んだみずみずしい味わいに人々は驚きました。 その後、ホワイトアスパラガスのおいしさはヨーロッパ全土に広がってゆき、「高貴な春野菜」として、大切に育てられるようになりました。 日本で生のホワイトアスパラガスは、わずかな期間だけ楽しむことができる希少品。 初夏の香りとともに、ぜひお召し上がりください。



おいしさワンポイント

ホワイトアスパラガスは、下処理がポイント。皮は厚めに剥いて
レモンを加えた水にさらします。香り豊かに仕上げるコツは
こちらをどうぞ。

紀ノ国屋が自信をもって選びました

360度山に囲まれた赤井川村は寒暖の差が激しく、おいしいアスパラ栽培の好適地。
有機栽培で遮光栽培をし、手間をかけ大切に育てられたアスパラガスは、甘み、旨みが強く、香りも豊かです。

北海道余市郡赤井川村産
生産者 滝本和彦さん(左)、雄太さん(右)

滝本さん

※入荷状況につきましては、各店舗にお問い合わせください。







[TOP]



食と暦
今月の歳時記


5月2日 八十八夜
「立春」から数えて88日目、中国の暦・二十四節気から名前をとっていますが、これは夏至のころの「半夏生」同様に、日本で生まれた雑節です。ちょうどこの頃が、日本の農業にとって、とても重要な時期だったのです。
八十八夜の頃は、茶所(ちゃどころ)では茶摘みの最盛期となります。八十八夜の日に摘んだ茶の葉は極上で、栄養価も高いといわれています。


牧ノ原



牧ノ原

紀ノ国屋 牧之原
(100g入り) 1,620円(本体価格 1500円)
生葉を長時間蒸して作る静岡牧之原産の深むし茶。生葉を長時間蒸して作るため、茶葉が細くなるのが特徴です。深むし茶独特のまろやかな味わいと鮮やかな水色をお愉しみください。 徹底した畑管理から製造まで、茶匠 太田辰幸氏の信念に基づき、本物を追及し生まれた「牧之原」ぜひご賞味ください。
※ 2018年 新茶「牧之原」は5月中旬より発売の予定です。なお気候により発売が遅れる場合がございます。






5月5日 端午の節句

日本では季節の変わり目である端午(月の端<はじめ>の午<うま>)の日に、病気や災厄をさけるための行事がおこなわれていました。 時代の変遷とともに、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事と、鎌倉時代に武士のあいだで「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を祝う男の子の誕生の祝いが5月5日に結びついていったとされています。



茂助 だんご

茂助だんご 柏餅
◆草(つぶ餡)/漉し餡 / 味噌餡 (各2個入り)432円(本体価格400円)  三種(各1個入り) 648円(本体価格600円)

※数量限定、品切れの際はご容赦ください。
※一部店舗ではお取扱いがありません。

柏の葉は冬に葉が枯れる広葉樹ですが、枯れるだけで、次の新芽が出てくるまで落葉しません。このことから、「家系が途絶えない」ことを象徴する木として尊ばれました。この香り高い柏の葉を使ったのがかしわ餅。 北海道産の小豆を使用したあんをやわらかな生地でくるみました。



5月13日 母の日
お母さまに感謝の一言を添えて。食卓にも華を添えて。
家族みんなが楽しめるおいしいプレゼントはいかがですか。
紀ノ国屋デリカテッセンコーナーでは、人気のテリーヌやサーモンなどお好みに合わせた
オードブルをお作りしてます。



200905_24.jpg

パーティートレイ


3~4人前 6,480円(本体価格 6000円)より。イメージは5~6人前 10,800円(本体価格 10,000円)
リヨン仕込みの欧風惣菜に、イタリア定番の前菜まで。紀ノ国屋自慢の味を彩りよく盛り合わせました。
*画像はイメージです。
・ご予算・ご用途にあわせてご調整させていただきます。なお、ご希望の際は、5日前までにお申し付け下さいませ。






スウィートカラーのブーケ

e-shop限定
スウィートカラーのブーケ
4,840円(本体価格4,482円)

いつも魅力的な人をさらに笑顔にしてくれそう。ピンク色の濃淡バラと季節のお花を束ねたブーケです。
e-shop 母の日はこちら




[TOP]



line_beige

5月の花 バラ

風薫る5月。新緑がまぶしい季節になりました。
5月~6月はバラが最も美しい時です。
秋バラに比べ春バラは一斉に咲き始め、そのボリューム感が特徴です。
また、春バラは早朝から強い香りを発生させます。待ちに待った季節の到来をお祝いするかのような春バラの美しさと香りをこの季節の楽しみにしたいですね。



おすすめの花 スプレーバラ ライトイエロー

スプレーバラ「ライトイエロー」



バラには“一輪咲き”と“スプレー咲き”があり、スプレー咲きは、
一つの枝から数本の枝に分かれて咲くものを言います。
今月お勧めするのはライトイエローのスプレーバラ。
やさしくふんわりとした色と上品な香りが特徴です。
バラの香りにはアンチエイジング効果もあり特に女性にはうれしい効果もあるようです。


1本に花は5輪ほどついています。
1本 500円 (本体価格 463円)



花言葉

イエローのバラの花言葉 :「愛らしい・新鮮・満足・誇り」



D・Style

ここでご紹介した花材は、
紀ノ国屋インターナショナル1F
『D・Style』にてお買い求めいただけます。

『D・Style aoyama Flower Shop』

D・Style



[TOP]

line_beige

※盛りつけ写真はイメージです。
※店舗により一部、商品の取り扱いが異なる場合もございます。
※新宿高島屋店では酒類の取り扱いをいたしておりません。
※新宿高島屋店では消費税計算法の違いにより、価格が異なる場合があります。
※万一品切の際はご容赦ください。



紀ノ国屋を楽しむ

旬のレシピ
テーブルを彩る パン料理レシピ
マリアージュ
食べる百科事典

紀ノ国屋の店舗から

フェアイベント情報
サンクスウィークサンクスウィーク
8/20〜8/26
初秋の味覚初秋の味覚
8/20〜8/31